文字

米無人宅配会社に1千億円 ソフトバンク傘下ファンド

 米ベンチャー企業「ヌロ」の自動運転車(同社提供・共同)

 【ニューヨーク共同】無人の自動運転車を使った食料品宅配サービスを手掛ける米ベンチャー企業「ヌロ」は11日、ソフトバンクグループの傘下ファンドから9億4千万ドル(約1千億円)の出資を受けると発表した。資金を活用し、自動運転車を使った宅配サービスの拡大を目指す。

 ソフトバンクがサウジアラビアの政府系ファンドなどと設立した10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が出資。ヌロは2016年、元グーグル技術者2人が設立。昨年、米小売り大手クローガーと提携し、西部アリゾナ州で、自動運転車を使った食品配達を公道で始めた。
カテゴリ:

【経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.