文字

26年五輪、2候補が共催計画案 スウェーデンとイタリア

 2026年冬季五輪招致の立候補都市

 【バルディフィエメ(イタリア)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は11日、札幌市が断念した2026年冬季五輪招致でスウェーデンとイタリアの2候補から詳細な開催計画を記した立候補ファイルの提出を受けたと発表した。ミラノとコルティナダンペッツォの共催案となるイタリアに続き、スウェーデンもストックホルムとオーレの共催計画となった。

 ともに伝統的な冬季競技の開催国として既存施設を活用した経費削減を強調し、冬季五輪の過去2大会で平均6割だった既存または仮設の会場が8割に増えた。ストックホルム・オーレの招致委員会は会期が2月6〜22日になることも明らかにした。
カテゴリ:

【スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.