文字

シーガルズ、難敵撃破へ連係確認 12、13日にV1女子岡山大会

新年最初のホーム2連戦に向け、最終調整する岡山シーガルズの選手たち=ジップアリーナ岡山

越宗孝昌会長(右端)らに岡山大会の意気込みを語るJTの小幡真子主将(左から2人目)ら=山陽新聞社

 バレーボールVリーグ1部(V1)女子岡山大会(12、13日)を前に、ホームの岡山シーガルズは11日、会場となる岡山市のジップアリーナ岡山で最終調整した。セッター宮下のトスを攻撃陣が息ぴったりに打ち込み、新年最初のホーム2連戦での難敵撃破へ、状態の良さをうかがわせた。

 攻撃の組み立てやブロックとレシーバーの連係を確かめるなど約2時間半、みっちりと汗を流した。実戦形式の練習ではリベロ丸山らの好レシーブから佐々木、金田両レフトが強打を決めるなどし、臨戦態勢を整えた。

 2勝8敗(勝ち点8)の西地区5位でレギュラーラウンド前半を終了。折り返しとなるこのホーム2連戦でプレーオフ(東西各上位4チーム)進出へ足掛かりを得たい。

 12日は西地区4位で勝ち点差6で追う東レと対戦。日本代表の黒後、195センチのクランら決定力のあるアタッカーがそろい、今季最初の対戦では1―3で敗れた。13日に当たる東地区5位KUROBEとは今季初の顔合わせ。安定したサーブレシーブなど堅い守りは簡単には崩せないだろう。

 河本監督は「狙いを持ったサーブでまず相手を揺さぶれるかが鍵」と話す。チャンスメークし、川島らセンター線を絡めた素早い攻めで得点を重ねたい。宮下は「後半戦最初のヤマ場。メンバー全員の結束力で立ち向かう」と気持ちを高めた。

 当日券の料金は両日とも、1階の指定席がSA席6500円~A席4500円で、自由席が一般3500円~小学生以下千円。2階自由席は一般3千円~小学生以下500円。

応援Tシャツを各日1000人に無料配布

 岡山シーガルズは12、13日のホームゲームで、チームロゴ入りの応援Tシャツを各日先着千人に無料配布する。午前10時からジップアリーナ岡山の入り口付近の屋外にブースを設けて手渡す。

 色はチームカラーのロイヤルブルーで、今季初のホーム2連戦(昨年11月24、25日)で配ったものと同じ。今季のホーム用ユニホームを手掛けた大手学生服メーカーのトンボ(岡山市)製。サイズ(男女兼用のS~LL)は限りがあり、希望に沿えない場合がある。

 ◇

JT選手ら「熱くなるプレー見せる」

 バレーボールV1女子岡山大会で、12日にデンソーと対戦するJTの選手たちが11日、岡山市北区柳町の山陽新聞社を訪れ、活躍を誓った。

 吉原知子監督、小幡真子主将、小川杏奈選手ら7人が訪問。越宗孝昌会長と松田正己社長から「好ゲームで岡山大会を盛り上げてほしい」などと激励を受け、日本代表リベロの小幡主将は「バレーが盛んな地域が熱くなる粘り強いプレーを見せたい」と述べた。

 現在8勝2敗で西地区2位と好調で、東地区2位のデンソーとの激しい攻防が予想される。小川選手は、先の全日本高校選手権で母校の就実が8強入りしたことに触れ、「後輩に負けないよう、少しでも成長した姿を見せたい」と話した。
カテゴリ:

【シーガルズ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.