文字

17年の救急車出動、最多更新 5秒に1回、9年連続増

 岡山県倉敷市で患者を搬送する救急車=2018年7月

 2017年の救急車の出動件数が16年比2・1%増の634万2147件となり、過去最多を更新したことが11日、総務省消防庁の集計で分かった。09年以降、9年連続で伸び、5秒に1回のペースで出動している計算。搬送者の58・8%を65歳以上が占めており、高齢化の進展が要因とみられる。

 消防庁は、今後も出動の増加が見込まれると指摘。限られた救急車や人員を効果的に活用するため、急ぐ必要のない出動を減らす取り組みが重要だと訴えている。

 集計によると、搬送者数も過去最多で16年より2・0%多い573万6086人。うち約半数が入院を必要としない軽症だった。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.