文字

総社の桃太郎線線路に車突っ込む 隣接の駐車場から、運転男性軽傷

駐車場(右奥)からフェンスを突き破り、桃太郎線の線路内に飛び込んだ車=11日午後1時23分、総社市門田

 11日午後0時20分ごろ、総社市門田の商業施設駐車場から、ワゴン車がフェンスを突き破って飛び出し、隣接するJR桃太郎線(吉備線)の線路内に突っ込んだ。運転していた総社市、トラック運転手の男性(62)が顔に軽傷を負った。

 総社署が原因を調べている。近くの店内にいた男性会社員(34)は「ものすごい音がして外に出てみたら、線路に車が突っ込んでいて驚いた。すぐに踏切の非常ボタンを押し、通報した」と話した。

 JR西日本岡山支社によると、備中高松―総社間の上下線で一時運転を見合わせ、午後2時27分に運転を再開した。上下4本が部分運休し、岡山発総社行きの普通列車1本が1時間44分遅れ、計約50人に影響した。
カテゴリ:

【事件・事故】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.