文字

山陽新聞賞を10人3団体に贈呈 地域発展に多大な貢献

第77回山陽新聞賞の贈呈式で松田社長から賞状などを贈られる受賞者

 第77回山陽新聞賞の贈呈式が10日、岡山市北区駅元町のホテルグランヴィア岡山であり、文化功労5人、産業功労2人、社会、学術、国際功労各1人と山陽新聞奨励賞の社会部門2団体、文化部門1団体の計10人3団体の功績をたたえた。

 受賞者と来賓の伊原木隆太岡山県知事、大森雅夫岡山市長、鍵本芳明県教育長、岡崎彬県商工会議所連合会長、大原謙一郎大原美術館名誉館長、黒住宗晴黒住教名誉教主、川崎明徳川崎学園名誉理事長、末光茂旭川荘理事長が出席した。

 式では、松田正己山陽新聞社社長が一人一人に賞状と日本芸術院会員蛭田二郎氏制作のメダル、賞金(山陽新聞賞50万円、山陽新聞奨励賞30万円)を手渡し「皆さんはこの道一筋に研さんを重ね、地域社会の発展、活性化に多大な貢献をされた。一層のご活躍をお祈りするとともに、後進の指導にも当たっていただきたい」とあいさつ。来賓代表の伊原木知事は「これからもそれぞれの道を究め、広めることで、岡山と周辺地域をますます豊かにしてほしい」と述べた。

 受賞者を代表し、国際功労の認定NPO法人日本・ミャンマー医療人育成支援協会理事長の岡田茂さん(78)=岡山市北区=が「栄えある賞を頂き、今後の活動の大きな力になると確信している」と謝辞を述べた。懇談会もあり、各受賞者が喜びを語った。

 賞は岡山、広島県などで地域社会に貢献した個人、団体を顕彰し、山陽新聞社が毎年贈っている。

 岡田さんのほかに受賞したのは次の皆さんと団体。(敬称略)

 【文化功労】洋画家石田宗之(58)=岡山市南区▽漆芸家塩津容子(71)=総社市▽九州国立博物館長島谷弘幸(65)=福岡市中央区(高梁市出身)▽作家原田マハ(56)=長野県(山陽女子高卒)▽日本画家森山知己(60)=岡山県吉備中央町

 【社会功労】岡山済生会総合病院上席診療部長赤在義浩(62)=岡山市北区

 【学術功労】岡山大惑星物質研究所教授中村栄三(63)=鳥取県倉吉市

 【産業功労】児島商工会議所会頭高田幸雄(68)=倉敷市▽テオリ社長中山正明(64)=倉敷市

 【奨励賞・文化部門】上田手漉(すき)和紙工場=津山市上横野

 【同・社会部門】NPO法人かさおか島づくり海社=笠岡市北木島町▽堂々川ホタル同好会=福山市神辺町下御領
カテゴリ:

【地域社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.