文字
  • ホーム
  • 国内外
  • 主要
  • 本庶氏「いつかがん制御できる」 ノーベル賞講演、免疫療法に期待

本庶氏「いつかがん制御できる」 ノーベル賞講演、免疫療法に期待

 ストックホルムのカロリンスカ研究所で記念講演をする本庶佑・京都大特別教授=7日(共同)

 ストックホルムのカロリンスカ研究所での記念講演を終え、笑顔の本庶佑・京都大特別教授=7日(共同)

 【ストックホルム共同】ノーベル賞授賞式のためスウェーデンを訪れている本庶佑・京都大特別教授は7日午後(日本時間同日夜)、ストックホルムのカロリンスカ研究所で記念講演し、がんの免疫療法がさらに広がり「2020年代か30年代か分からないが、いつかがんを制御できるようになるだろう」と述べた。記念講演は、10日の授賞式を前に行うノーベルウイークの主要行事。

 医学生理学賞を共同受賞するジェームズ・アリソン米テキサス大教授に続き、授賞理由となったがん免疫療法を巡る「獲得免疫の驚くべき幸運」と題して講演した。
カテゴリ:

【科学・環境】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.