文字

原油、一時9カ月ぶり安値 OPEC減産公表先送りで

 6日夕から7日朝までの東京商品取引所の夜間取引で、中東産原油の先物が大幅に値下がりし、指標価格は6日清算値(株価終値に相当)に比べ一時1キロリットル当たり1840円安の3万9920円と、3月中旬以来約9カ月ぶりの安値を付けた。節目の4万円を割るのは約1週間ぶり。

 石油輸出国機構(OPEC)が6日の定時総会で原油価格の押し上げを狙って協調減産を決定すると予想されていたが、結論の公表を先送りしたため減産継続に懐疑的な見方が強まった。

 先物市場では、協力関係にある非加盟国ロシアが小規模の減産を求めて水面下の調整が続いているとみられている。
カテゴリ:

【経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.