文字

OPEC、減産結論公表持ち越し ロシア判断待ち

 【ウィーン共同】石油輸出国機構(OPEC)は6日、ウィーンで開いた定時総会後の記者会見を中止し、協調減産の継続を巡る結論の公表を持ち越した。ロイター通信によると、減産を続けることで暫定合意したが、OPEC非加盟国で減産に参加しているロシアの判断を待っているためだ。減産幅に関し、考えに開きがあるという。

 協調減産の参加国は7日に閣僚級会合を開く。ロシアからの回答を踏まえ、削減する量や方法を詰めた上で発表するとみられる。

 サウジアラビア側は6日の総会後、「メインシナリオは日量100万バレルの削減だ。ロシアには可能な限り減産してほしいと考えている」と強調した。
カテゴリ:

【経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.