文字

岡山大とストライプ社が講座 起業家育成へ19年4月開講

記者会見する石川社長(中央)や槇野学長(左から2人目)ら=東京都内

 岡山大とアパレルメーカー・ストライプインターナショナル(岡山市北区幸町)は6日、世界的に活躍できる起業家らを育成するプログラム(寄付講座)を2019年4月に始めると発表した。国内外の経営者や研究者を講師に招き、学部生をはじめ、受講対象は他大学生や社会人、高校生ら外部にも門戸を広げる。

 計画では、4~7月に基礎編を開講し、単位が取得できる全学部対象の選択教養科目として週4時限、起業家の思想や起業の現状を教える。8月にスタートする応用編は、社会人らが受講しやすいよう週末にも開き、起業や事業展開に必要なマーケティング、データ分析の手法、資金調達方法などを説明する。

 津島キャンパス(岡山市北区津島中)を中心に、講義によっては地域の企業で開く。いずれもインターネットで配信する。講師の費用など運営経費はストライプ社が負担する。

 6日に東京都内で記者会見があり、ストライプ社の石川康晴社長は「10年、20年先の岡山のためには人材育成が必要。支援を通じて古里の活性化に貢献していく」、岡山大の槇野博史学長は「世界で活躍できる人材を育成するとともに、教職員の意識改革につなげたい」と述べた。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.