文字

福山・芦田川に「憩いの場」整備 国と市が式典、20年3月完成

市民の憩いの場整備に向け、工事が始まった福山市千代田町の芦田川河川敷。左奥が建設が進む市の大型体育館

工事着工を祝い芦田川にフナやウナギの稚魚を放流する来賓と児童

 福山市千代田町の市営競馬場跡地公園(仮称)で進む市大型体育館などの建設工事に合わせ、国と市は17日、同館西側を流れる芦田川左岸河川敷を利用し、新たな市民の憩いの場につなげる「千代田地区かわまちづくり」整備工事に着手した。芝生エリアを中心に各種スポーツを楽しみ、観戦できる施設を目指す。新体育館と同時期の2020年3月の完成予定。

 同工事は、水呑大橋を中心とした河川敷約2・1ヘクタール、長さ約600メートル区間を改良。市はサッカーなどスポーツができる芝生部分、バーベキューエリア、サイクリングやマラソンを楽しめる約3キロの車道を整備する。国は護岸を階段状にし約1500人分の観覧席を設けるほか、カヌー愛好家が水辺を利用できる親水護岸(3カ所、幅計35メートル)も作る。

 事業費は国が2億6千万円、市が2億円を負担する。跡地公園と河川敷は歩行者用デッキで結び、両施設来訪者の行き来を可能とする。

 この日、河川敷に設置されたテントで起工式があり、来賓や住民約150人が出席。枝広直幹市長は「跡地公園と河川敷が一体となり、市民生活が一層豊かになることを楽しみにしている」。国土交通省水管理・国土保全局の塚原浩一局長も「水の恵みを社会全体で共有できる新たな空間になることを願う」と祝辞を述べた。

 式典では、地元の水呑小児童が琴を演奏したほか、芦田川に生息しているウナギとフナの稚魚(計70キロ)を来賓と子どもたちの17人が水辺から放流するイベントもあった。

 国、市はこの日から堤防や河川敷整備の工事を始める。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.