文字

岡山12料理店が豪雨被災者優待 代金1部割り引きなど

「外食で気分転換してほしい」と話す横山理事長

 岡山県料理業生活衛生同業組合に加盟する岡山市内の料理店の有志が、西日本豪雨の被災者を対象に、食事代金を一部割り引くなどの優待の取り組みを行っている。

 豪雨災害から4カ月余り経過し、仮設住宅への入居が進むなど落ち着いた暮らしを取り戻しつつある一方、生活環境の変化によってストレスを抱える被災者は少なくない。同組合の横山昌弘理事長(62)が「時には外食して気分をリフレッシュしてもらいたい」と発案し、加盟店に呼び掛けた。

 いずれも同市北区の日本料理店や串揚げ店、焼き鳥店など12店が趣旨に賛同して参加。罹災(りさい)証明書(コピー可)を提示することで、各店それぞれで異なる優待を受けられる。2人以上の家族・グループで利用した場合に1人分の料理代金が無料になったり、3人以上の利用の場合に1割引きにしたり、中には土産をプレゼントする店もある。

 10月から開始しており、全店が11月末まで実施。一部は12月末まで続ける。

 参加店は次の通り。詳しいサービス内容は各店へ。

 岡山浜作(表町)▽塩梅(東中央町)▽ごんご(中山下)▽桜楽(津高)▽ふや平(丸の内)▽星乃家(磨屋町)▽ほんだ、しの原(以上内山下)▽美魚味、笑福(以上中央町)▽真(幸町)▽はや斗(絵図町)
カテゴリ:

【西日本豪雨】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.