文字

スポーツ庁、ゲイツ財団と連携 貧困や飢餓の撲滅目指す

 記者会見であいさつするビル・ゲイツ氏=9日午前、東京都千代田区

 スポーツ庁と、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏と妻が設立した財団は9日、2020年東京五輪・パラリンピックを契機として、スポーツを通じて国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する新たなプロジェクトを推進すると発表した。

 SDGsは貧困や飢餓の撲滅、質の高い教育の提供、男女平等の実現などを目指し、30年までの目標を設定している。来年から始める今回のプロジェクトでは、国内外のアスリートが非政府組織(NGO)と連携してSDGsの達成に向けて活動し、ゲイツ氏の財団が資金などを提供する。
カテゴリ:

【スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.