文字
  • ホーム
  • 国内外
  • 主要
  • パーキンソン病患者にiPS移植 脳に神経細胞、京大が世界初治験

パーキンソン病患者にiPS移植 脳に神経細胞、京大が世界初治験

 記者会見する京都大病院の高橋良輔脳神経内科長=9日午後、京都市

 京都大の高橋淳教授らのチームは9日、人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する治験の1例目を50代の男性患者に実施したと発表した。iPS細胞を使った再生医療はさまざまな疾患で計画され、京大によると、パーキンソン病での治験は世界初。将来的な保険適用を目指す。

 iPS細胞の患者への利用は、目の難病患者の網膜を再生する理化学研究所のケースに次ぐ。

 チームは記者会見で「移植した細胞が腫瘍化しないかが一番大事だ」と強調し、計約2年半経過観察するとした。術後の状態は良好という。
カテゴリ:

【医療・健康】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.