文字

岡山県内は各地で暖かい朝に 瀬戸内の最低気温は19.8度

 岡山県内は9日朝、南からの暖かく湿った空気の影響で雨が降り、地表の熱が奪われる放射冷却現象が起きなかった。各地で気温が下がらず、朝の最低気温は瀬戸内市が19・8度(平年7・9度)となるなど、9月上旬から10月上旬並みの暖かさだった。

 各地の最低気温は、和気町18・7度(同5・5度)、玉野市17・4度(同10・5度)、岡山市中心部16・9度(同9・7度)、倉敷市16・2度(同8・5度)など。平年を13・2~6・7度上回った。

 岡山地方気象台は「この先1週間は高気圧に覆われて晴れる日が多くなり、気温は平年並みに戻るだろう」と予報している。
カテゴリ:

【気象・災害】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.