文字

岡山県児童生徒絵画展の中央審査 特別賞54点、特選156点決定

子どもたちが感性豊かに描いた力作を審査する美術教諭ら

 第8回岡山県児童生徒絵画展(県小学校教育研究会図画工作部会、県中学校教育研究会美術部会、山陽新聞社主催)の中央審査が8日、岡山市北区柳町の同社であり、特別賞54点と特選156点が決まった。

 県内の小中学校から応募があった1万4614点のうち、地区審査を通過した210点が集まった。美術教諭ら29人が構図や色彩の工夫、創造性などを審査し、最優秀の山陽新聞社長賞など特別賞7賞を選んだ。

 西日本豪雨を題材にした作品もあり、荒れた畑を耕す祖父の姿や、土砂崩れに遭った町の風景などが描かれていた。県小学校教育研究会図画工作部会長の上岡弘明・庄内小校長は「感性豊かに表現した作品ばかり。被災の絵からは心の痛みが伝わってきた」と話した。

 特別賞、特選の作品は12月4~9日、山陽新聞社さん太ギャラリーで展示される。
カテゴリ:

【教育】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.