文字

大相撲九州場所、鶴竜休場へ 稀勢の里が初めて一人横綱に

 横綱鶴竜

 大相撲の西横綱鶴竜(33)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が九州場所(11日初日・福岡国際センター)を全休することが8日、決まった。右足首に不安を抱えており福岡市内の病院で「右距踵関節損傷で約2週間の安静加療を要する見込み」と診断された。師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)が明らかにした。東横綱白鵬も右膝痛で全休が決まっており、東横綱稀勢の里が初めて一人横綱を務める。

 鶴竜の休場は7月の名古屋場所以来11度目。年間最多勝争いで大関栃ノ心と並び51勝でトップだったが、初の1位は絶望となった。
カテゴリ:

【相撲】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.