文字

備後北部スキー場で準備本格化 営業に向けリフトやゲレンデ整備

リフトに座席を取り付けるスノーリゾート猫山の従業員

 備後地方北部の主なスキー場で今シーズンの営業に向けた準備が本格化している。リフトやゲレンデの整備を進め、12月中旬から下旬にかけ順次オープンする予定。冬の訪れはもうすぐそこ―。

 庄原市西城町三坂のスノーリゾート猫山では、5日からリフト4基に計398席を取り付ける作業を開始。ゲレンデの一角に保管していた約70キロの座席(2人掛け)を従業員3人で運び、次々とボルトでリフトのワイヤに固定していた。作業が終わり次第、動作チェックなど安全面の確認を行う。

 今後、防護ネットの設置や飲食店の開店準備を進める。オープンは12月22日の予定。運営会社BTMの山口和男社長(47)は「予報では昨年ほど厳しい寒さにならない。大勢の家族連れらに楽しんでもらえると思う」と話した。

 このほか、県民の森(西城町油木)は同15日、道後山高原(西城町三坂)は同25日にスキー場開きを予定している。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.