文字
  • ホーム
  • 地域
  • 作州
  • 勝央で案山子祭り ユニーク70体 西郷どんやちびまる子ちゃん

勝央で案山子祭り ユニーク70体 西郷どんやちびまる子ちゃん

西郷どんをモチーフにしたかかしを見る子どもたち

 岡山県勝央町豊久田下地区の住民らによる「案山子(かかし)祭り」が、同町豊久田の八幡神社周辺で開かれ、収穫後の田んぼに登場した新作と旧作合わせて約70体のかかしがユニークな秋の風景をつくっている。15日ごろまで。

 地区の町内会組織や住民、勝央北小(同町植月中)の計17グループが古着や綿などで手作りした作品を設置した。新作は、NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」から愛犬を連れた西郷隆盛とその犬にまたがる町のマスコットキャラクター・きんとくん。8月に亡くなった漫画家さくらももこさんの代表作「ちびまる子ちゃん」の主人公まる子、ハロウィーンにちなんだかぼちゃや魔女などもあり、来場者が興味深そうに眺めていた。

 同町、男性(84)は「初めてきたが、どれも見応えがあり、景観ともマッチしている」と話していた。

 祭りは住民同士の親睦を目的に、2012年に始め7回目。
カテゴリ:

【作州】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.