文字

家形埴輪「導水施設形」と判明 岡山・金蔵山古墳から出土

金蔵山古墳で出土した「導水施設形埴輪」。左が家形、右が囲形

家形の床部分に設けられた水路と貯水槽

 古代吉備を代表する大型前方後円墳の一つ、金蔵山(かなくらやま)古墳(岡山市中区沢田、4世紀末ごろ)から出土した家形埴輪(はにわ)が、内部に水路や貯水槽の構造を持つ珍しい「導水施設形埴輪」であることが25日までに分かった。岡山県内2例目で全国でも10例程度しか確認されていない。水を用いた神聖な儀式を行う建物を表現したとみられ、岡山市教委は「当時の水に対する考え方や葬送儀礼を知る手掛かりになる」としている。

 埴輪は切り妻屋根の家形(一辺約20センチ、高さ約40センチ)と、その周りを巡る「囲形(かこいがた)」(高さ約30センチ)のセット。家形の内側床面に、幅1センチほどの水路と二つの方形の貯水槽を造形している。囲形埴輪には、水路から続く取排水口とみられる開口部を2カ所設けている。

 同市教委の昨年度の発掘で、墳丘くびれ部外側に築かれた、祭祀(さいし)の場と想定される「島状遺構」から出土。壊れた状態で見つかり、整理作業の中で判明、ほぼ完全な姿に復元できた。調査を担当する安川満・市教委文化財課主査は「古墳時代の王が身を清めたり、不純物を沈殿させて浄化したりする儀礼の場を表現した可能性がある」と推察する。

 導水施設形埴輪は心合寺(しおんじ)山古墳(大阪府八尾市)、宝塚1号墳(三重県松阪市)など、畿内を中心に4世紀後半~5世紀前半の首長クラスの古墳から多く出土しており、首長間の結びつきも推測される。

 県内では月の輪古墳(美咲町飯岡、4世紀末~5世紀初め)で水路、水槽を備えた土製品が出ている。金蔵山、月の輪古墳は築造時期や副葬品の類似から、被葬者のつながりが指摘されており、安川主査は「導水施設形埴輪が両古墳でしか出土していないことからも、深い関係にあったと考えられる」と話す。

 金蔵山古墳は墳長約165メートルで県内第4位。県内最大の造山古墳(岡山市北区新庄下)などが出現する前段階に築かれ、同時期では畿内を除いて最大規模。市教委が2014年度から発掘調査している。復元した埴輪は30、31日に岡山市役所で開く調査成果の速報展で展示する。
カテゴリ:

【文化】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.