文字

「山鳥毛」購入へCF11月開始 瀬戸内市、5億円の調達目指す

返礼品となる山鳥毛の複製の前で寄付を呼び掛ける武久市長

 国宝の備前刀「太刀 無銘一文字(山鳥毛=さんちょうもう)」の購入を計画している瀬戸内市は23日、東京都内で記者会見を開き、インターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)を11月1日から始めると発表した。市の特設サイトや民間サイトを活用したCFなどで国内外から広く支援を得て、購入費5億円の調達を目指す。

 目標額の内訳は、返礼品などの経費を除いた購入充当分としてCF型ふるさと納税で2億8千万円、海外を対象としたCFで2千万円、企業版ふるさと納税で2億円とした。CFの期間は国内が来年1月末、海外が今年12月末まで。寄付額に応じ、刀匠の大野義光氏(東京)が手掛けた山鳥毛の複製や山鳥毛をあしらった記念グッズなどを返礼品に贈る。

 武久顕也市長は「名刀の“里帰り”を実現させ、刀剣のまちのPRや文化、技術の継承につなげたい」と話した。

 山鳥毛は瀬戸内市長船町地区を拠点とした備前刀の大流派・福岡一文字派の最高傑作とされ、戦国武将・上杉謙信の愛刀として知られる。現在は岡山県内の個人が所有し、5億円での売却を希望。市は文化振興や地域活性化を目的に、4月に購入方針を表明した。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.