文字

環太平洋大が2季ぶり6度目のV 中国六大学野球秋季リーグ

【岡山商大―環太平洋大】2回表環太平洋大2死二、三塁、仲村が左前へ2点適時打を放ち7―0とする。捕手平=オーヴィジョンスタジアム下関

 中国六大学野球秋季リーグ第4週最終日は14日、山口県のオーヴィジョンスタジアム下関で2回戦が行われ、環太平洋大が9―0の七回コールドで岡山商大を下して勝ち点を4に伸ばし、2季ぶり6度目の優勝を決めた。通算8勝1敗とし、最終週で2位徳山大(6勝4敗)に連敗して勝ち点で並ばれても勝率で上回る。秋は4年連続の栄冠。

 環太平洋大は明治神宮大会の中四国地区代表決定戦(27日・三次市)で四国六大学リーグ覇者の高知工科大、広島六大学リーグを制した近大工と代表1枠を争う。

 環太平洋大は一回に仲村、松岡の連続適時打などで3点を先制。二回にも敵失や仲村の2点タイムリーで4点を奪い、投げては先発岩永ら5人の継投で零封した。吉備国大は東亜大に2戦続けてコールド負け。徳山大は福山大に連勝した。

 ▽2回戦(環太平洋大2勝)

環太平洋大
3400101|9
0000000|0
岡山商大
(七回コールド)

(環)岩永、大原、仲尾、小谷、屋良―志賀
(岡)前田、坂手、坂田、田中―平、塩見

 ▽同(徳山大2勝)

福山大
001002010|4
21000020X|5
徳山大

(福)柴垣、筒井、塚本―吉田
(徳)楠岡、宮崎、吹本、尾花―藤本

▽本塁打 中熊(徳)
▽三塁打 藤本(徳)▽二塁打 宮本(福)

 ▽同(東亜大2勝)

吉備国大
0000000|0
1010311x|7
東亜大
(七回コールド)

(吉)石川、内田、田口―藤井、青木
(東)松田―木村
▽三塁打 大田(東)▽二塁打 横石、岸田、長谷川(東)
カテゴリ:

【各種スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.