文字

県FC協が映画ロケ支援で最優秀 全国組織「8年越しの花嫁」評価

映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の浅口市・遙照山での撮影((C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会)

 映画やドラマの撮影支援、ロケーション資源の発掘などに取り組む団体を表彰する「第4回JFCアワード」の最優秀賞に11日、「岡山県フィルムコミッション(FC)協議会」が選ばれた。昨年県内でロケがあった映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」でのサポートが評価された。

 同アワードは全国約120のFCなどが加盟する「NPO法人ジャパン・フィルムコミッション」が、2015年度に創設。今回は17年度公開作品を対象に、応募のあった14件の中から選ばれた。

 「8年越し―」は県内在住の夫婦をモデルに、結婚目前に原因不明の病に倒れた女性と婚約者の男性が、困難を乗り越えていく姿を描いた。

 作品には岡山市中心部の路面電車や商店街、遙照山(浅口市)から見下ろす夜景などが登場。これまで撮影にほとんど使われていない遙照山を、新たなロケ地として掘り起こした。病院の撮影では、製作陣に県内3病院を紹介し、医師による演技指導などでもスムーズな進行に協力した。

 選考では「ロケーションが作品イメージの中核を醸成していた」などと評価。同協議会専任職員の妹尾真由子さんは「受賞を励みに、一層地元の協力体制を強めて作品を誘致し、岡山のPRにつなげたい」と話している。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.