文字

松橋事件の再審確定、無罪の公算 85歳男性、熊本の殺人

 宮田浩喜さん=2016年6月30日、熊本市

 「松橋事件」で検察の特別抗告が棄却され、記者会見で笑顔を見せる三角恒弁護士(左)=12日午後、熊本市

 熊本県松橋町(現宇城市)で1985年、当時59歳の男性が刺殺された「松橋事件」の再審請求審で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は12日までに、殺人などの罪で懲役13年が確定し、服役した宮田浩喜さん(85)の裁判のやり直しを認める決定をした。10日付で検察の特別抗告を棄却した。事件発生から33年余りを経て再審開始が確定した。

 熊本地裁、福岡高裁とも、弁護団が提出した新証拠により「自白の信用性は崩れた」として再審を認め、最高裁も支持した。熊本地裁でやり直される公判で殺人罪が無罪となる公算が大きい。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.