文字

鑑識活動にドローン活用、警視庁 訓練を公開、一部で運用開始

 訓練でドローンを操縦する警視庁の鑑識課員=12日午後、東京都内の施設

 警視庁は12日、東京都内の施設で、事件の鑑識活動にカメラ付きのドローンを活用する訓練を公開した。上空からの画像などで現場の状況を把握するのが狙い。既に一部で運用を始めている。

 訓練は、屋外での死体遺棄事件を想定したもので、鑑識課員が操縦するドローンが上空から現場を調べ、地上のモニターに送信される画像を確認。犯人の遺留品とみられるスコップを見つけ、地上で活動する別の課員に伝えて警察犬による遺体発見につなげた。

 鑑識課によると、課員は昨年6月からドローンの操縦訓練を受け、今年1月から現場で使用を開始した。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.