文字

玉城氏、辺野古移設の反対を表明 首相「負担軽減へ結果出す」

 安倍首相と会談する沖縄県の玉城デニー知事=12日午後、首相官邸

 会談前に握手する安倍首相と沖縄県の玉城デニー知事=12日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は12日、沖縄県の玉城デニー知事と首相官邸で会談した。玉城氏は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について「今回の選挙で辺野古新基地反対の民意が示された」と述べ、反対を表明した。首相は「県民の気持ちに寄り添いながら、基地負担軽減に向け一つ一つ着実に結果を出す」と強調した。玉城氏の知事就任後、両氏による会談は初めてで、菅義偉官房長官も同席した。

 玉城氏は4日に就任したばかり。翁長雄志前知事の際は、首相と官房長官が約4カ月にわたり会談を拒んだため、反発を浴びた。政府は早期の会談に応じることで、低姿勢で臨む方針をアピールする狙いがある。
カテゴリ:

【政治】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.