文字

空飛ぶトラック開発へ提携 ヤマト、2020年代半ば実用化

 ヤマトホールディングスとベル・ヘリコプターが開発する無人輸送機のイメージ

 宅配便最大手のヤマトホールディングス(HD)は12日、荷物を運ぶ無人輸送機を米国企業と共同で開発すると発表した。自動運転技術などを進化させた新しい乗り物「空飛ぶ車」のトラック版となり、2020年代半ばまでの実用化を目指す。効率の良い次世代の配送網を確立し、収益を拡大する狙いという。

 開発協力で合意したのは米国の「ベル・ヘリコプター」。ベル社は時速160キロ以上で飛行でき、重さ453キロまでの荷物を運べる機体の開発を目指している。

 ヤマトHDは物流のノウハウを生かし、荷物を入れる容器を中心に開発を担当。積載量なども両社で協議し、輸送機の実用化に取り組む。
カテゴリ:

【経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.