文字

バレー、日本は3次リーグへ 女子世界選手権

 日本―ブラジル 第1セット、スパイクを決める古賀=名古屋市ガイシプラザ

 日本―ブラジル 第3セット、ボールに飛びつく長岡=名古屋市ガイシプラザ

 バレーボール女子の世界選手権第10日は11日、名古屋市のガイシプラザなどで2次リーグ最終戦が行われ、E組で世界ランキング6位の日本は4位ブラジルに2―3で敗れて7勝2敗となったが、勝ち点差でE組2位になって6強による3次リーグに進んだ。

 日本は荒木(トヨタ車体)のサーブなどで第1セットを25―23で先取。古賀(NEC)の強打などで第2セットも25―16で制したが、第3セットを26―28で失うとその後も21―25、11―15で奪われた。E組はオランダがセルビアに勝ち、8勝1敗で突破が決定。F組はイタリアが前回優勝の米国に勝ち、9戦全勝で1位となった。
カテゴリ:

【スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.