文字

豪雨被災の農機具の修繕に補助 岡山市が18日まで受け付け

 岡山市は、西日本豪雨で被災した農業用の機具や施設の修繕、撤去にかかる費用を補助する。18日まで申請を受け付けており、営農の継続を後押しする。

 農機具のほかハウス、果樹棚、畜舎などが対象。被災前と同程度の復旧を原則に、かかった修繕・取得費用の9割を国、県、市が負担する。営農の再開に向けた施設の解体や廃材の運搬・処理費用は全額負担する。いずれも上限額は設定していない。事業費は7億円。

 市農林水産課によると、農業者の被災は北、東区を中心に確認され、4日時点で農業用り災証明書の申請は189件あった。

 補助を受けるには、同証明書と被災状況が分かる写真、出荷実績を確認できる書類などが必要。同課や各区役所・支所に申し込む。

 同課は「農業者は高齢化しており、被災をきっかけにした廃業を少しでも食い止めたい。対象になるかどうか、まずは相談してほしい」としている。
カテゴリ:

【西日本豪雨】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.