文字

放火容疑で元消防団員の男逮捕 津山の連続不審火に関与か

逮捕前、自宅の家宅捜索中に姿を見せる元市消防団員の男=11日午前7時25分、津山市

 津山市内の空き家に火を付け、全焼させたとして岡山県警捜査1課と津山署は11日、非現住建造物等放火と邸宅侵入の疑いで、元市消防団員で会社員の男(36)を逮捕した。燃えた空き家は、昨年から放火とみられる火事が続く吉井川南岸地域にあり、同署は男が連続不審火に関与している可能性もあるとみて関連を調べる。男は「全く身に覚えがない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は今年9月9日夜、同市八出の空き家=同市、農業男性(77)管理=に放火目的で侵入。建物に火を付け、木造平屋約96平方メートルを全焼させた疑い。

 同署によると、火災発生前の時間帯に、現場付近の防犯カメラに男の歩く姿が映っていた。

 県警は11日午前7時すぎから捜査員約20人態勢で、男が1人で住む自宅と同市内の実家を家宅捜索。自宅からは乗用車、バイクやスマートフォンなど約100点、実家からもポリタンクや一斗缶など約50点を押収した。今後、分析を進める。

 男は今年8月に本人が退団を申し出るまで市消防団福岡分団に所属し、一連の不審火の警戒活動などにも当たっていたという。

 津山市の吉井川南岸では昨年1~10月に空き家や倉庫が燃える不審火が20件発生。今年3~5月にも5件、9月にも週末を中心に3件相次ぎ、計28件に上った。けが人はなかった。

 現場は半径2・5キロの圏内に集中し、人の出入りが少ない建物が多く、ほとんどが夜間に出火していることなどから、同署は地域の事情をよく知る人物が関わった可能性があるとみて捜査していた。
カテゴリ:

【事件・事故】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.