文字

第3部 救済の行方(5)インタビュー  徳田靖之弁護団共同代表 社会の責任も明らかに

 ハンセン病元患者の家族が2016年、国に損害賠償を求めて熊本地裁へ提訴した集団訴訟は、国や社会に何を問うているのか。ハンセン病家族訴訟弁護団の徳田靖之共同代表(74)=大分県弁護士会=に聞いた。
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

【隔離の陰で ハンセン病家族訴訟】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.