文字

岡山大生が高校生に消費者教育 成人年齢引き下げ前に出前授業

大学生(手前左)の助言を受けながら、売買契約の問題について意見を交わす高校生

 大学生が講師となり、高校生に売買契約などの消費者問題を教える出前授業が10日、一宮高(岡山市北区楢津)で開かれた。成人年齢を18歳に引き下げる改正民法(2022年4月施行)が6月に成立し、若者の消費者被害の増加が懸念される中、岡山県消費生活センター(同南方)が企画した。

 岡山大法学部の1~3年生20人が一宮高1年生の2クラス計80人の授業を担当。購入したコンサートチケットを友人間やネットオークションで売買できるかを題材にグループで話し合った。

 高校生は「双方に合意があれば売買は自由」「ネットオークションは認められないのでは」などと意見を出し合った。これに対し、大学生は「1、2枚程度売る場合は原則認められるが、より高い値段で売るのは営利目的として規制される」と解説した。

 授業を受けた女子(16)は「契約の知識を身に付けて、消費者被害に巻き込まれないようにしたい」と話していた。

 改正民法の施行で18、19歳でも親の同意なしに契約を結んだり、ローンを組んだりすることが可能となる。
カテゴリ:

【教育】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.