文字

アジア大会競歩代表が美作で指導 強化合宿中の自衛隊体育学校

勝木選手(手前)の指導で競歩の動きを学ぶ参加者

 自衛隊体育学校(東京)の陸上班の選手が競歩の魅力を伝える「ウオーキングクリニック」が29日、強化合宿をしている美作市で行われ、小学生から70代までの市民ら22人がトップアスリートから指導を受けた。

 8月のジャカルタ・アジア大会50キロ競歩で金メダルに輝いた勝木隼人選手(27)、5月の世界競歩チーム選手権に出場した道口愛選手(30)を講師に、みまさかアリーナ(同市中山)で開催。参加者はウオーミングアップの後、腕を回しながら膝を伸ばして歩いたり、大きな歩幅で速く歩いたりする練習に挑み、競歩の動きを体感した。

 母親と参加した同市立小学校5年の女の子(10)は「走るよりも難しくて、しんどい。でも楽しかった」と話した。

 陸上班の美作合宿は昨年に続き2回目。28日に美作入りした競歩と長距離の選手7人と監督・スタッフ4人の計11人が10月7日まで行う。
カテゴリ:

【各種スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.