文字

豚しゃぶそうめん ショウガ風味のコンソメあんかけ シェフの家ごはん(29)

 夏から秋へ、日一日と季節が移りゆく9月。名残と走りの食材が入り交じり、天気は不安定、体も少々疲れ気味―。岡山国際ホテル(岡山市中区門田本町)の藤井克俊料理長は今回、そんな端境期に優しく寄り添う「豚しゃぶそうめん ショウガ風味のコンソメあんかけ」を提案してくれた。



レシピ(各4人分)


▼豚しゃぶそうめん ショウガ風味のコンソメあんかけ


調理の流れを動画でチェック(1分21秒)

材料
そうめん200グラム、豚バラスライス200グラム、水、塩各適量▽ショウガ風味のコンソメあん=八方だし420cc、コンソメ300cc、ショウガ汁10cc、水溶きかたくり粉、塩、コショウ、ごま油各適量▽カイワレ大根20グラム、大根、ニンジン、ビーツ(あれば)各40グラム、ナス1本、長芋100グラム、サラダ油適量

作り方
①野菜を用意。カイワレ大根は根元を切り落とし、大根、ニンジン、ビーツは千切りに。水分はよく切っておく。ナスはくし形、長芋は皮をむいて棒状に切って揚げる
②豚肉は食べやすい大きさに切り、塩を加えた湯でさっとゆでる
③八方だしとコンソメを合わせ、火にかける。ショウガ汁、塩、コショウで味を調え、水溶きかたくり粉でとろみを付けた後、ごま油を加える
④そうめんをゆで、流水で洗う
⑤器にそうめんを盛り、❶の野菜と❷を載せて❸をかける

ポイント
・八方だしの濃さは炊き込みご飯を目安に。

▼季節の野菜とタラコ風味のバーニャカウダ

調理の流れを動画でチェック(1分20秒)


材料
ニンニク100グラム、タラコ(ほぐしたもの)50グラム、オリーブ油30cc▽A=水、牛乳各100cc▽B=牛乳200cc▽C=カボチャ、サツマイモ各80グラム、レンコン60グラム、サラダ油適量▽D=アスパラガス、丸オクラ各4本、カリフラワー適量▽E=ラディッシュ4個、赤ピーマン1個、キュウリ1本、葉野菜適量

作り方
①ニンニクは皮をむき半分に切って芯を取り除く
②Aに❶を入れ、火に掛ける。沸騰したら弱火にして約5分ボイル。Aを捨て、Bで再び竹串が通るまで約7分煮る。Bは取っておく
③❷のニンニクとオリーブ油、タラコを別の鍋に入れ、弱火にかけてゴムべらで軽く潰す。
④ミキサーで❸のニンニクとB50ccをなめらかになるまでかき回す
⑤Cは薄切りにして約160度の油で素揚げ。Dは塩ゆでし氷水に取って水分を切る。Eは食べやすい大きさにカット
⑥小鉢に❹を入れ、全野菜を盛りつけ、葉野菜をあしらう

ポイント
・タラコはしっかり煮ると臭みがなくなる。

▼ブドウのベニエ アイスクリームとブドウのカラメルソース

調理の流れを動画でチェック(1分30秒)


材料
ピオーネ12粒、ホットケーキミックス100グラム、卵1個、牛乳60cc、小麦粉、サラダ油、粉砂糖各適量、グラニュー糖60グラム、ブドウジュース100cc、水10cc、バニラアイス、フルーツグラノーラ、ミント(葉)各適量

作り方
①ピオーネは皮をむいておく
②ベニエ生地を作る。卵と牛乳を溶き、ホットケーキミックスの真ん中に入れてダマにならないよう混ぜる
③グラニュー糖と水を強めの中火にかける。ぐつぐつ煮立ってカラメル状になったらブドウジュースを加え、弱火でとろみがつくまで煮詰める
④❶に小麦粉をまぶして❷を絡ませ、180度の油で揚げる
⑤器に❹を盛り粉砂糖を振る。アイスクリームとミントを添え、グラノーラとソースを全体に振りかける

ポイント
・卵と牛乳はホットケーキミックスの真ん中に入れて混ぜる。

【シェフの家ごはん】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.