文字

倉敷市が個人の物資寄付受け付け 16日から、被災者に提供へ

 倉敷市は14日、西日本豪雨の被災者に提供する個人からの支援物資の寄付を、16日から受け付けると発表した。28日~10月7日に市真備支所で被災者に手渡す。

 支援物資は、新品(未開封・未使用)に限定し、秋冬用の衣類▽靴▽毛布、シーツ▽バスタオル、タオル、雑巾▽食器類▽調理器具▽シャンプー、リンス、漂白剤といった洗剤類。食料品や飲料は不可。

 16~27日の午前8時半~午後6時、市役所本庁西隣の市市民活動センター(同市西中新田)で、持ち込み限定で受け付ける。

 被災者への提供は、市真備支所1階で午前10時~午後4時。物資の種類によって提供数は限られるが、物品を並べて自由に選んでもらう形式にする予定。入場には罹災(りさい)証明書の掲示が必要となる。

 市は、個人からの物資は受け付けていなかったが、避難所から仮設住宅などに移って新たに生活を始める被災者が増える中、支援の一環として行う。

 問い合わせは市企画経営室(086―426―3055)または市市民活動推進課(086―426―3107)。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.