文字

カラオケ歌うまキッズ大会に香港の歌姫、セリーヌ・タムが参戦

9月21日放送、テレビ朝日系『関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦』「カラオケ王No.1決定戦 最強歌うまキッズ大会」に参加した香港の歌姫、セリーヌ・タム(C)テレビ朝日

 21日にテレビ朝日系で放送予定の音楽バラエティー番組『関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦』第7弾(後7:00〜9:48※一部地域を除く)に、世界的オーディション番組で大絶賛を浴びた歳の香港の歌姫、セリーヌ・タム(10)が出演する。

【動画】超神ワザ!天才キッズピアニストの演奏

 今回は「カラオケ王No.1決定戦 最強歌うまキッズ大会」と「ピアノ王No.1決定戦 最強ピアノキッズ大会」の2本立て。カラオケブロックでは全国、そして海外から集結した各界を代表する“歌うま”小・中学生たちが、驚きの歌唱力で最強カラオケ王の座を競い合う。1回戦の第2試合は「洋楽歌姫対決」に。ここに海外からの刺客として登場するのがセリーヌ・タム。

 彼女は9歳でアメリカの世界的オーディション番組『America’s Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)』に出演し、大反響を巻き起こした少女。小さな体から繰り出されているとは思えないほどの力強い歌声で、“香港の歌姫”として世界的な注目を集めている。

 第2試合で彼女が歌うのは、セリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」。前半の静かな部分ではビブラートやロングトーンの加点をいかに稼げるかがポイントとなり、後半の大サビでは、どれだけ自身で盛り上がりを作れるのかが勝敗を分ける。

 対戦相手は洋楽大好きな大阪出身のパワフルボイスの持ち主、田上陽菜(14)。4歳上の田上と並んだ体格差はとても大きく、声量を問われる今回の対決では一見するとセリーヌの方が圧倒的不利のようにも思えたが、当の本人はいたって余裕の表情。インタビューの受け答えも大人顔負けで、歌う前から大物感を漂わせていた。

 そしていざセリーヌが歌い始めると、スタジオ中が騒然。MCを務める関ジャニ∞の村上信五は「はー…!」と思わずため息をもらし、同じく大倉忠義は「どうなってんねやろ?」と、ぼう然。グランドマイスターの葉加瀬太郎も「本家セリーヌ・ディオンと同様、決して声量があるわけではないが、“密度”の高い声!」と絶賛した。見届人のDAIGOは「目を閉じて聴いてみるとスゴい歌声。で、目を開けると小さい女の子。自分の中でプチパニックを起こした!」と感動しきりだった。そんなセリーヌ・タムのオリジナル動画も放送に先立ち、特別公開中。

■セリーヌ・タムのオリジナル動画
https://youtu.be/VatVIjd_0dY

『関ジャニ・モーツァルト』最強ピアノキッズ、9人の顔ぶれ

8歳の歌うまキッズに関ジャニ村上&大倉、野口五郎も驚がく

関ジャニ∞村上信五&大倉忠義、“歌うま”キッズの熱唱に感動「ピュアさが欲しい!」

関ジャニ∞、6人体制初の東京ドーム公演 安田章大バースデーを5万5000人祝福

ユースケ、大竹一樹とテレ朝で深夜番組「100歳まで生きるヒント学ぶ」
OriconStyle

【芸能】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.