文字

岡山一番街、さんすてに新規3店 化粧品や生活雑貨の人気店誘致

 山陽SC開発(岡山市北区駅元町)が運営するJR岡山駅地下の岡山一番街と構内の商業施設・さんすて岡山に、岡山県内初出店を含む新規テナント3店が14日以降相次ぎオープンする。生活雑貨の人気店などを誘致し、10代を含む幅広い年齢層の取り込みを図る。

 岡山一番街では、韓国の化粧品店「エチュードハウス」が14日に、デンマーク発祥の生活雑貨店「フライングタイガーコペンハーゲン」が21日にオープン。いずれも県内初出店となる。さんすて岡山北館には21日に、10~20代を主要顧客とするインテリア・キッチン雑貨の「ハピンズ」が開店する。

 岡山一番街は改装も行い、靴を扱う「リーガルシューズ」が売り場面積を約1・4倍に拡張して13日にリニューアルオープンした。

 今回の出店・改装で岡山一番街は81店、さんすて岡山は北、南、西館合計で72店となった。山陽SC開発は「20~30代女性をメインターゲットとする方向性は変えず、おしゃれにこだわる女性を幅広く集客したい」としている。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.