文字

県内275校に危険ブロック塀 113校が応急安全対策講じる

 文部科学省は10日、国公私立の幼稚園や小中高校など全国5万1085校を対象としたブロック塀の緊急点検結果を発表した。

 岡山県教委によると、ブロック塀(石やれんがを重ねた「組積造(そせきぞう)塀」含む)を緊急点検した岡山県内の公立小中高校・幼稚園505校のうち安全上の問題が確認されたのは275校だった。この中で応急の安全対策を講じたのは113校と、4割にとどまった。

 275校の内訳は、幼稚園37園▽幼保連携型認定こども園4園▽小学校133校▽中学校49校▽高校46校▽中等教育学校1校▽特別支援学校5校。うち264校は建築基準法施行令に適合していなかったほか、122校で劣化や損傷が見つかった。
カテゴリ:

【教育】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.