文字

柔道男子で作陽・高橋が健闘3位 100キロ超級、全国高校総体

柔道男子個人100キロ超級で3位に入った作陽の高橋翼(左)と川野一道監督=津市産業SC

 全国高校総体(インターハイ)第10日は10日、津市産業SCなどで行われ、岡山勢は柔道の男子100キロ超級で2年生の高橋翼(作陽)が3位に入る健闘を見せ、女子団体は創志学園が3回戦進出を決めた。剣道女子団体は商大付が決勝トーナメントに進み、ソフトボール男子は共生が初戦の2回戦を突破した。

 柔道男子は個人4階級を実施し、100キロ超級で五輪王者の故斉藤仁氏の次男斉藤立(東京・国士舘)が優勝した。90キロ級は村尾三四郎(神奈川・桐蔭学園)が2連覇を達成。81キロ級は板東虎之輔(千葉・木更津総合)、100キロ級は皆川大記(千葉経大付)が制した。
カテゴリ:

【各種スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.