文字

豪雨被災障害児の困り事相談を 玉島で13日以降に親子カフェ

 岡山県と倉敷市は、西日本豪雨で被災した障害児とその保護者の不安、困り事に対応する「親子カフェ&相談会」を13、16、22、31日の4日間、玉島市民交流センター(同市玉島阿賀崎)で開く。

 自宅の浸水で転居するため、特別支援学校の転校を考えている▽利用していた放課後デイサービスが被災した▽生活環境が変わり、子どもの体調が安定しない―といった相談を想定。障害のある子を持つ保護者らでつくるNPO法人「ペアレント・サポートすてっぷ」(倉敷市)のメンバー、市職員、相談支援専門員らが応じる。

 各日とも午後1時半~4時半。無料。ドリンクのほか、子どもたちが自由に遊べるスペースもある。先着15組で、空きがあれば当日参加も可能。問い合わせ、申し込みは同市総合療育相談センターゆめぱる(086―434―9882)またはペアレント・サポートすてっぷ(080―1924―3496)。
カテゴリ:

【気象・災害】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.