文字

危険ブロック塀、全国1万2千校 2割で安全対策実施せず

 中学校の通学路のブロック塀を点検する大阪府高槻市教育委員会の職員ら

 文部科学省は10日、国公私立の幼稚園や小中高校など全国5万1085校を対象としたブロック塀の緊急点検結果を発表した。敷地内にブロック塀がある学校のうち3分の2に当たる1万2640校で、安全性に問題がある塀を確認。このうち80%の1万122校は撤去や周囲への立ち入り禁止など応急の安全対策を取ったが、残る2518校(20%)は実施しておらず、学校側に早急な対応を求めている。

 ブロック塀の安全性に問題なしとされたのは6749校。緊急点検が終わっていない学校や未報告が963校あった。3万733校にはブロック塀がなかった。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.