文字

被災自治体 観光や催しで後押し 矢掛、高梁でイベント

もみじ亭で流しそうめんを楽しむ家族連れら=8月3日、津山市上横野

 13~15日のお盆期間を合わせると今週末から5連休!という人も多いことでしょう。7月の西日本豪雨で甚大な被害を受け、岡山県内では、花火大会やお祭りなど夏休みの思い出を彩る行事の中止を余儀なくされています。こうした中、矢掛町では「夏の朝!?祭り」を急きょ企画。高梁市では「備中たかはし松山踊り」が規模を縮小して開かれます。被災自治体へ足を運び、観光で復興を後押ししたいですね。

 小田川の決壊で広範囲に浸水した矢掛町。同町東三成の水車の里フルーツトピアでは11日、「夏の朝!?祭り」が開かれます。豪雨災害や連日の猛暑…大変な時こそ盛り上げようと、そうめん流し、フライドポテト、かき氷、スーパーボールすくいが楽しめます。かき氷とスーパーボールすくいは中学生以下無料。午前11時から、そうめん流しを無料で提供します(なくなり次第終了)。スプリンクラーで水遊びができるコーナーも設けられ、水鉄砲の持ち込み可。「祭りやイベントが軒並み中止になる中、子供たちに思い切り楽しんでほしい」と、同施設。災害支援の募金箱も設けられる予定です。午前9時~正午。

 高梁市の夏を彩る「備中たかはし松山踊り」は地踊り、仕組踊り、ヤトサの3種の舞で構成される市の伝統芸能で、3月に県重要無形民俗文化財の指定を受けました。例年14~16日の3日間開かれますが、今年は15日のみ、JR備中高梁駅前大通りで開かれます。「~めげんで!!高梁~」をキャッチフレーズに、子供音頭や踊り子が伝統芸能を披露。会場の一角には豪雨災害チャリティーブースも設けられ、募金のほか、缶バッジ1個500円で販売します。午後6時半~10時半。

 「津山の奥座敷」として親しまれる横野滝(津山市上横野)そばにあり、流しそうめんなどが人気の茶屋「もみじ亭」は、あふれた川の水と土砂が建物に流れ込み、厨房(ちゅうぼう)は天井付近まで土砂が流入。懸命の復旧作業で、7月28日に営業再開しました。被災した人には、きなこ餅かぜんざいのプレゼントがあります。営業時間は午前11時半~午後4時。昼時は混み合うため、午後2時以降がおすすめです。そうめん食べて滝で涼んでリフレッシュしましょう。
カテゴリ:

【まちナビ!】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.