文字

「岡山ジョイポリス」9月撤退 アネックス棟閉鎖、11月解体

今秋で閉鎖されるアネックス棟。核テナントの岡山ジョイポリスは9月2日で営業を終える

 両備グループ(岡山市北区錦町)などが再開発を進めている岡山市中心部の商業施設・ジョイフルタウン岡山(同下石井)のうち、ゲームセンター「岡山ジョイポリス」などが入るアネックス棟が今秋で閉鎖されることが2日、分かった。両備グループは全店が立ち退いた後、11月6日から解体工事を始める方針。

 両備グループなどによると、核テナントの岡山ジョイポリスは9月2日限りで撤退する。両備グループのボウリング場も10月21日で営業を終了。他の焼き肉店や100円ショップなども、11月初旬までに全て閉店する。

 アネックス棟は鉄骨3階延べ約9700平方メートル。1998年にジョイフルタウン岡山(約3万8千平方メートル)の核施設の一つとして開業した。旧イトーヨーカドー岡山店が入居していたもう一つの核施設(延べ約4万6千平方メートル、解体中)がイオンモール岡山(同下石井)との競合などで2017年に閉鎖され、アネックス棟の活用法が注目されていた。

 両備グループは、アネックス棟の跡地について「具体的な内容が固まっておらず、現時点では発表できない」としている。

 ジョイフルタウン岡山はJT岡山工場跡に整備。両備系の特別目的会社(SPC)が16年、三井系の不動産ファンドから土地や建物の権利を取得した。イトーヨーカドー岡山店跡の約1万7千平方メートルでは、マンションやオフィスなど5棟を21年度に整備する計画が明らかになっている。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.