文字

第36代「倉敷小町」3人決まる 木村、小松、中原さん

倉敷小町に決まった(左から)中原さん、小松さん、木村さん

 倉敷市の魅力を発信する第36代「倉敷小町」に21日、岡山大2年木村文香さん(20)=倉敷市、就実大1年小松あゆさん(18)=岡山市、ノートルダム清心女子大3年中原麻里さん(20)=倉敷市=の3人が選ばれた。

 アリオ倉敷(同市寿町)で最終審査があり、50人の応募者のうち1次審査を通過した10人がエントリー。浴衣姿で登場し、歌や踊り、語学などの特技を披露した。

 選ばれた3人は「日本だけでなく、世界に地域の魅力をPRしていきたい」「豪雨被害のあった倉敷を活気付けたい」などと話していた。

 3人は審査後、第35代倉敷小町3人と西日本豪雨の被災者に贈る募金活動を店内で行った。集まった3万6613円が、同市を通じ被災者に届けられる。

 最終審査は、倉敷天領祭りに合わせ、同祭り実行委が公開で毎年開催。倉敷小町が祭りの音楽パレードなどに出演していたが、西日本豪雨の影響で祭りが中止になり審査だけ行った。
カテゴリ:

【西日本豪雨】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.