文字

岡山県の豪雨被害総額229億円 18日現在、さらに膨らむ見通し

 岡山県は18日、西日本豪雨による公共土木や農林水産、商工関係の被害総額が同日午後2時現在で229億6266万円に達したことを明らかにした。被害の全容は把握し切れていないため、金額はさらに膨らむ見通し。

 農林水産関係は33億4921万円。主な内訳をみると、山肌が崩れるといった治山・林道関係が16億6188万円、浸水被害が出た倉敷市真備町地区で水田に土砂が流入するなど農地・農業施設が10億5315万円。農作物は水稲2億3071万円(412・50ヘクタール)、ぶどう1億899万円(8・45ヘクタール)など4億2418万円(444・73ヘクタール)に上った。

 公共土木施設は、道路や河川護岸の崩壊を中心に179億2386万円。商工関係は、岡山、倉敷市の工場やオフィスが浸水するなどして16億8958万円となっている。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.