文字

西日本豪雨の被災企業に低利融資 県と県信用保証協、総額10億円

 岡山県と県信用保証協会(岡山市北区野田)は17日、西日本豪雨で被災した中小企業向けの低利融資制度の取り扱いを始めたと発表した。融資枠は総額10億円で、県と契約を結ぶ24金融機関で扱う。

 中小企業の資金繰りを支援する国のセーフティーネット保証の指定地域(倉敷、総社市など県内18市町村)にある企業が対象。災害により売上高が前年同月比で20%以上減少し、市町村長の認定を受けることが条件となる。

 経営の維持・安定のために必要な運転資金や設備資金について、8千万円を限度に融資する。期間は10年以内。利率は通常より0・50%以上低い年1・15%以内。保証料率は0・20%低い年0・60%。
カテゴリ:

【西日本豪雨】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.