文字

東証、今年4番目の上げ幅 409円高、3週ぶり高値

 13日の東京株式市場は、外国為替市場の円相場が約半年ぶりの円安ドル高水準になったことを好感し、日経平均株価(225種)は大幅続伸した。輸出関連銘柄を中心に買い注文が先行し、終値は前日比409円39銭高の2万2597円35銭と約3週間ぶりの高値を付けた。上げ幅は今年4番目となった。

 東証株価指数(TOPIX)は20・39ポイント高の1730・07。出来高は約12億7800万株。

 平均株価の上げ幅は一時500円超となったが、米国と中国の貿易摩擦など世界経済の減速リスクは解消されていない。
カテゴリ:

【経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.