文字

倉敷市職員かたり義援金要求 市に相談4件、注意呼び掛け

 倉敷市消費生活センターは12日、市職員に成り済まして電話をかけ、西日本豪雨被災地への義援金名目で金の振り込みを要求する事案が発生していると発表した。「『1口10万円で口座に振り込んでほしい』と電話があった」などの相談が、同日までに市に4件あったという。

 同センターは「市が直接電話で義援金を求めることはない。詐欺の可能性があるので、すぐ相談してほしい」と注意を呼び掛けている。問い合わせは同センター(086―426―3115)。
カテゴリ:

【地域社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.