文字

高梁、新見の住宅被害把握進まず 断水、道路通行止め続く

土砂が流れ込んだ民家=11日午後7時、高梁市高倉町田井

新見市唐松の草間台簡易水道施設。高梁川の増水で水没し、壊れたフェンスが水勢のすさまじさを物語る=11日

 西日本豪雨による浸水や土砂崩れなどの被害が高梁、新見市で6日夜に発生して13日で1週間を迎える。

 住宅被害は高梁市(11日午後9時現在)で全壊4棟、半壊5棟。浸水被害は198棟(床上165棟、床下33棟)に上るが「被害が市全域に及び、全容把握が進まない。実態はもっと多い」(市災害対策本部)とする。新見市(12日午前9時現在)は全壊5棟、一部損壊4棟、床上・床下浸水102棟に上った。

 断水は12日現在で高梁市6880世帯(約1万7200人)、新見市約620世帯(約1400人)。いずれも高梁川などの河川が増水し、給水施設が水没したのが原因で、両市とも復旧を急いでいる。

 給水所は高梁市は落合町阿部、川面町地域など計11カ所、新見市は草間台6カ所、井倉5カ所に設け、陸上自衛隊や他市町の応援も受けながら対応。12日にイズミゆめタウン高梁(高梁市落合町阿部)の給水所を訪れた女性(69)=同所=は「汗をかいてもなかなか風呂に入れず疲れが取れない。一刻も早く水道の復旧を」と訴える。

 道路関係は土砂崩れや道路の崩落による通行止めが続き、12日現在、高梁市内は県道13路線、市道、農道は少なくとも計42路線に上る。新見市内は県道21路線、市道53路線で通行できない。

 このほか、全壊した市足立診療所(足立)は、近くの足立会館で従来通りの診療時間(内科、小児科=月曜午後4時~5時)で対応する。
カテゴリ:

【西日本豪雨】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.