文字

【ボランティア情報】受け入れや支援要請先 倉敷、総社など7市1町

片付けに入る民家の場所をスタッフから確認するボランティア=12日、倉敷市の中国職業能力開発大学校

 【倉敷市】市社会福祉協議会が中国職業能力開発大学校(玉島長尾)の市災害ボランティアセンター(080―2931―9342、080―2931―9442)で午前8時半~10時半にボランティアを受け付け。活動時間は午前9時~午後2時半。真備町地区の被災した家屋で土砂の撤去作業などを行う。13日までは市内在住者に限り、14日以降は現地の状況をみながら募集範囲を広げる予定。

 被災者からのボランティア派遣の要望も午前9時~午後4時に専用電話(080―2893―3342、080―2893―3442など)で受け付けている。

 【総社市】市社会福祉協議会が市総合福祉センター(中央)玄関前の市災害ボランティアセンターで、午前8時からボランティアを随時受け付け。市外からも募っている。活動時間は午前8時~午後3時。被災した家屋のがれきや泥の撤去、各避難所の支援、物資の受け入れを行う。ボランティアの受け入れ=080―2889―5042、080―2889―5142、ボランティア派遣の要請=080―2889―5542、080―2889―5342。

 【岡山市】午前9時~午後4時に市役所本庁舎1階(北区大供、080―2932―0242、080―2932―0142)と上道公民館(東区竹原、080―2931―9842、080―2931―9742)にボランティアセンターを開設。土砂の撤去など市内の被災者からの支援要望と、市内在住・在勤・在学者のボランティア希望を受け付け、活動場所を調整する。

 【高梁市】市社会福祉協議会が高梁総合福祉センター(向町)に設けた災害ボランティアセンターで、午前9時半~午後1時にボランティア登録を受け付ける。活動時間は午前9時半~午後3時。被災者からの依頼受け付けは午前8時半~午後5時。同センター(080―2931―8142、080―2931―8242)。

 【新見市】市社会福祉協議会が市地域福祉センター(金谷)の市災害ボランティアセンターで、ボランティアを募集中。対象は市内在住・在勤・在学者。同センター(080―2932―0442、メールsyakyo-honsho-1@ex.city.niimi.okayama.jp)で20日まで受け付ける。活動期間は22日までで、1日のみの参加も可。

 派遣依頼は市内居住者が対象。同センター(080―2932―0342、電話のみ)で17日まで、午前9時~午後4時(土日祝日は除く)に受け付ける。

 【笠岡市】市社会福祉協議会が市老人福祉センター(十一番町)にボランティアセンターを開設し、災害ボランティアを募っている。午前9時~午後5時。家屋の片付けなど行う。被災した人からの支援要請も受け付けている。市社協(080―5234―2567、080―6338―6547、080―6338―6557)。

 【井原市】市社会福祉協議会が市総合福祉センター(井原町)のボランティアセンターで、災害ボランティアを受け付けている。作業は泥のかき出し、家財搬出など家屋の片付け。被災した人からの支援要請も受け付けている。市社協(0866-62-1484)。

 【矢掛町】町社会福祉協議会がボランティアセンターを開設。町農村環境改善センター多目的ホール(矢掛)で午前9時~正午、災害ボランティアを受け付けている。作業内容は浸水被害を受けた家屋の片付けなど。専用電話(080―2931―8642、080―2931―8742、080―2931―8842、080―2931―8942)。被災した人からの支援要請は町保健福祉課(0866-82-1013)で受け付けている。
カテゴリ:

【気象・災害】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.